barcode_1.gif  Top Page    English edition    Mail me !
トップ

 
 時にアツく
 時にオフサイドなブログ
 by ponta

ごゆっくりどうぞ
リンクはどうぞご自由に




Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
m-flo loves 加藤ミリヤ
相変わらすですが、磐田戦、見れませんでした。
負けたらしいね。戸田が残念だったらしいですね。悔しいわ。

つーわけで、試合中も普通に仕事をしていたPontaです。
試合見れねぇよー、絶対会社の嫌がらせだよ、と鬱々と仕事していたら、
偶然にもニッポン放送の『TOYOTAスポーツドリーム』が聴けました。
ゲストは今ちゃんね。

内容はわりと真面目なインタブー。ふむふむと聴きました。
そんな中、今ちゃんがリクエストした曲は、m-flo loves 加藤ミリヤ
誰に教わったんだ今ちゃん。そんなの聴いてるのかーと。

あーマジでサッカー欠乏症だわ。
俺の体には味スタが足りない。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-11-19 18:44 | F.C.TOKYO
聞けました
ラジオで聞けました、ナビスコ決勝。

普段は聞かないニッポン放送。噂の煙山アナの実況で。
たまにはラジオもいいもんだ。
そんなおいらは文化放送派ですが。たまなび大好き。

来年は俺たちが行きたいねー
[PR]
# by ponta5cm | 2006-11-03 21:51 | other
見れる気がしない
出勤表みたら、3日も、4日も、5日も、会社。
何回読み直しても、会社。

うおーいサッカー見てえよー
ナビスコ決勝も、天皇杯のvsパンティ温泉も見れねえよー。


ところで、ガンバ大阪戦は家で観戦してました。
BSアンテナの調子がおかしくて音出ないでやんの。
終始無音の中、あの大逆転。盛り上がるに盛り上がれんて。


浦和戦は絶対行く。なんとかして、絶対行く。
風邪ひく。おれ絶対風邪ひくから。会社のみんなには秘密だぞー。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-11-02 21:36 | other
いただきました
d0009379_22344030.jpg
いただきました。SS席。
やはり、持つべきものは、コネクションですわ。

問題は、この日、仕事だというコト。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-10-18 22:36 | F.C.TOKYO
ふっかつのじゅもん
d0009379_221418.jpg
みんな、またせたな
[PR]
# by ponta5cm | 2006-10-15 22:02 | F.C.TOKYO
考える前にまず走れ
浦和戦見てないので、
というか、今シーズンの東京の試合をそんなに見れてないので
あんまり適当な事言えませんが。

考える前にまず走れよ。

巷では「考えて走る」なんてキャッチフレーズが飛び交っている。
(まあ、これも字面通り受け止めるのはちょい違うと思うんだけど)
考える事は大切だし、走る事はサッカーの基本だ。

でも、なによりもまず1歩目を踏み出す、
その勇気とか気持ちとか勢いとかスピードとかノリとかが
去年までのチームには確かにあったはずだ。

考えすぎて足が止まる前に、悔しくて足が止まる前に、
まずは1歩を踏み出そう。そして走ろう。
それが俺たちF.C.TOKYOが築いてきた土台だと思うからさ。

※追記
そういえば去年、戸田が復帰したときにおんなじ様な事を書いてたな
[PR]
# by ponta5cm | 2006-08-15 09:18 | F.C.TOKYO
ちゃんとやれと
慶応大とJ2横浜FCが提携  (asahi.com)

プロ野球との提携とかにしてもそうなんだけど、
カタチだけじゃなくて、まあ、しっかりやってくれよとマジで思います。

ところで、我らが村林裕(常務だっけ専務だっけ)は、
いつのまにか教授になってるんですよね。
プロジェクトも評価されてますし、なんかいつのまにか重鎮なんですよ。
(所詮お荷物学部なんだけど、まぁそれはよし)

新天地でのご活躍、非常に喜ばしいかぎりなんですけど、
本業もちゃんとやれ、と。
成績の悪さとか今シーズンの集客の苦戦とか
前節の広島戦のあの無意味なブーイングなどなど、
鬱憤はたまる一方ですし、ついつい愚痴っぽくもなるんですよ。

まずは東京のことを死ぬ気でちゃんとやって欲しいと、とう思うわけです。
(まぁ必死で頑張ってるんだと思うけれどさ)
[PR]
# by ponta5cm | 2006-08-07 22:24 | F.C.TOKYO
'06 第16節 vsアビスパ福岡
'06 Jリーグ Division1 第16節 @味の素スタジアム
×F.C.TOKYO 0[0-1]2 サンフレッチェ広島○

攻守にスキマだらけの東京に…
d0009379_22401420.jpg
スキマスイッチ↑

d0009379_22395516.jpg
東京版スキマスイッチ↑

僕らの心のスキマスイッチを押すのはきっとこの二人だぁ
あ、ビールおいしかったです。
飲みまくってたので試合ぜんぜんみれてないです。
今年最初で最後の花火でした。おつカレー。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-07-30 22:54 | Match Report
どの東京がホンモノか
福岡→長野→大阪
これがリーグ戦再開後の東京の道のり。
その内、僕が試合を見られた時間→福岡戦の後半45分間のみ

決定力不足だったり、したたかに勝利を奪われたり、圧勝しちゃったり、
この1週間でいろいろあったのですが、
試合をほとんど見れていない僕には判断がつかないんですよ。

どの東京がホンモノなのか。

いまいち方向性が見えないというのが、
今の僕たちが抱える漠然とした不安の出所なんだと思います。
イケイケなのかしたたかなのか、下克上なのか王者のメンタリティなのか。

週末はひさしぶりに味スタいけそうなので、
その辺を楽しみに見たいと思います。

あ、そうだそうだ。おかえりナオ。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-07-27 20:18 | F.C.TOKYO
'06 第13節 vsアビスパ福岡
'06 Jリーグ Division1 第13節 @東平尾公園博多の森球技場
△F.C.TOKYO 0[0-0]0 アビスパ福岡△

みんなサッカーに飢えてたんだなぁ、と、
混みあったFootniKでビールをちびりちびり飲みながら思った。
(それにしても浦和と東京の二元中継は危険だろ!)

あいかわらずちぐはぐな攻撃陣も
ゴリゴリドリブルを繰り返すノリオも
そしてもちろん久しぶりに元気な姿を見せてくれたナオも
なんだかすごく久しぶりで懐かしい気さえする。

ワールドカップはたしかに凄かったけど、
やっぱり、自分達のチームが、生で見るサッカーが、最高だ。
(今日はTVだったけどね)

サッカーのある週末が帰ってくることがとても嬉しい。
ひさしぶりにBlogも書けるってもんだ。
夏が来るしビールも美味いし、うかれちゃう。

これで東京がすっきり勝ってくれれば最高なんだけど。
現実はいつも甘さ控えめ。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-07-19 22:45 | Match Report
Volley見てきたレポ
7/2
第26回 日本サマーリーグ・1次リーグ
FC東京(3勝2敗) 3-1 東京ヴェルディ(5敗)
[16-25] [25-16] [25-21] [25-18]
d0009379_21592772.jpg
d0009379_2243072.jpg
d0009379_2243933.jpg
ヴェルディ相手に快勝!
先週おこなわれた国体の予選では、
警視庁に負けてしまい東京都代表の座を得ることはできませんでした。無念。

東京のファン、カワイイこ多いよ。癒されるよ(´・ω・`)
[PR]
# by ponta5cm | 2006-07-12 22:12 | F.C.TOKYO
ダービーやるよ
業務連絡。
7/2に、ひさびさの東京ダービーがあります。
バレーボールですけんどねー。
第26回日本サマーリーグ 大会詳細 (F.C.TOKYOオフィシャル)
1次リーグ組み合わせ表

相手はもちろん緑色の「ヴェルなんとか」とかいうチームです。
「緑がJ2落ちて嬉しいけど、ダービーないのはちょっちゅつまらんなー」
「ワールドカップもいいけど、やっぱり生観戦がいいよなー」

そんなアナタ!
たまにはバレーボールどうですか?
サッカーとは違った熱気と興奮と喜びがありますよ。
僕の友達の阿部篤史選手ももちろん参戦。
彼の自慢の美白っぷりを、是非、生で体験してみてください!
[PR]
# by ponta5cm | 2006-06-29 22:36 | F.C.TOKYO
パク・カンジョはパク・チソンではないが
世界中がワールドカップに熱狂しているこの時期、
極東のサッカー後進国の、しかも2部リーグの戦いになど、
いったどれだけの人が注目していたであろうか。

6月21日平日の夜、ヴェルディが、好調神戸をホームに迎えたこの試合。
スタジアムに集った物好きなサッカーファンはわずかに4000人。
美しくライトアップされた味の素スタジアムにおいてはあまりにも寂しい数字だ。

ワールドカップと比較してしまう私が意地悪なのだろうか。
そこで行われたのは凡庸な試合。互いに4バックの布陣をしいていたものの、
攻撃的な姿勢は、微塵にも感じられなかった。
欠けていたのは技術だろうか、体力だろうか、それともモチベーション?

パク・カンジョは、そんな我々の飽き飽きした視線を、見事に覆してくれた。
豊富な運動量で走り、攻め、守り、仕掛け、倒され、それでも立ち上がった。
特に、神戸の選手が1人退場してからの彼の動きは特筆モノだった。
キャプテンマークを巻く三浦淳宏とともに
(駒野ではなく、彼がドイツのピッチにいたとしても決して不思議ではない!)
攻守にヴェルディの選手達をかく乱していった。

この試合、パク・カンジョは
1点差で追いかけるヴェルディに引導をわたす素晴らしいゴールを決めた。
ワールドカップという大舞台で戦う韓国代表のパク・チソンではないが、
パク・カンジョもまた、優れたフットボーラーであることに間違いはない。

※ジェレミーに一言モノ申す!BBSはこちら
(参考:A view from a Brit by Jeremy Walker)
[PR]
# by ponta5cm | 2006-06-28 21:51 | other
小澤の話でもしようよ
U-19日本代表メンバーに、小澤竜己選手選出 (オフィシャル)


一度は外れたU-19日本代表の座を
東京での努力と忍耐とで再び掴み取った小澤竜己に、巧です。

サッカーにはいろいろな役割の選手が必要とされますが、
「気持ちが強い」という事は、どのような選手であれ必要不可欠な要素です。
そして、小澤選手には、それがあると思います。

F.C.TOKYOサポーターとして、
今回の小澤選手の代表選出は本当にうれしい出来事でした。うひ。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-06-13 21:27 | other
「W杯」ってなんですかね
本当は「24番目の日本代表」茂庭照幸の代表選出のときにでも
なにか書こうと思ったのですが、いやはや、忙しい。精神的にもね。

さて、いよいよ、ワールドカップが始まります。
正確には、FIFA WORLD CUP GERMANY 2006 でいいのかな。
ところが新聞や雑誌などの表記は「W杯」となる事が多い。

よくよく考えると「W杯」って不思議な言葉ですよね。
いちおう意味としては分かる、確かに分かるのだけれど、
このような訳し言葉は、僕の中でどうもしっくり来ないのです。

ヤンキースを「ヤ軍」、ドジャースを「ド軍」
などと訳すのと同じような違和感がある。軍ってなんだよ。
こういう風潮のおかげで、我々FC東京も「F東」などと
不愉快な訳し方をされるのだと思うのです。あるいは「エフシー」とかね。

話変わりますが、、今回の優勝予想
本命ブラジル、対抗イングランドってな感じなんでしょうか。
僕はイタリアとアルゼンチンを押しておきますよ。
[PR]
# by ponta5cm | 2006-06-08 22:07 | other